トップ 連 合 白根郷 加茂郷 田上郷

組合員の皆様へ

今年度の賦課率と納期(一般賦課金・特別賦課金)

 土地改良区の賦課金は、運営事務費や維持管理経費を主とする『一般会計賦課金』と県営ほ場整備事業分担金等を償還する『特別会計賦課金』に大別されています。
 賦課金は、毎年4月1日現在の土地改良区土地原簿に基いて計算し、組合員の皆様へ賦課金通知書を発送しております。また、賦課金の領収書は所得税の確定申告を行うときに控除証明書として使えますので、大切に保管しておいてください。  
【一般会計賦課金の詳細】
一般賦課金賦課率表

賦課対象イメージ
【特別会計賦課金の詳細】
県圃分担金賦課率表
小規模賦課率表

【口座振替領収証】
 口座振替により納入いただいている組合員の皆様には、振替結果確認後「賦課金領収証(口座振替用)」を12月初旬に配布、若しくは郵送にてお届けしております。
【賦課金の納入方法について】
  賦課金の納入について現金での納入と口座振替での納入の2種類があります。
口座振替を希望される場合は事前に届け出が必要ですので、ご注意ください(下記に記載)。
また、現金での納入の場合は下記の取扱い窓口にてお支払いいただきますよう、よろしくお願いします。


口 座 振 替 取 扱 い 金 融 機 関
   JA新潟みらい
   JAにいがた南蒲
   JA新潟市
   JA越後中央

   第四銀行
   北越銀行



現 金 で の 納 入 取 扱 い 窓 口
 白根郷土地改良区 窓口   白根郷土地改良区から発行された「賦課金通知書兼領収書」をお持ちいただき、窓口で納めてください。

  郷外の組合員には郵便振替用紙も同封します。最寄りの郵便局で振替用紙に、現金を添えてお支払い下さい。

  通知書をなくされた場合には、当改良区財務課賦課係担当までご連絡ください。





   JA新潟みらい
   JAにいがた南蒲
   JA新潟市
   JA越後中央

   第四銀行の各支店
   (白根支店扱い)

各賦課金の納入は口座振替が便利です

※注意!
1.口座振替の場合は、納期日に振替(引き落とし)をします。納期の15日前までに賦課金通知書を送付しますので、必ず残高の確認をお願いします。

2.振替(引き落とし)が出来なかった場合は、土地改良区から組合員に現金用納付書(賦課金通知書兼領収書)を郵送します。納付書に記載の金融機関又は土地改良区窓口へ現金を添えてお支払ください。

3.相続などで新たに組合員となった方が口座振替を希望される場合は、口座振替依頼書の提出が必要です。当改良区への資格異動届出と合わせて口座振替取扱い金融機関へ口座振替依頼書の提出もしてください。

4.納期を過ぎての納入は、定款第29条に基づき、滞納日数に応じ滞納額に年9.3%の割合を乗じて計算した延滞金並びに督促状を発した場合には督促手数料として公共郵便料金実費を過怠金として頂戴します。
 滞納者につきましては、滞納処分(差押え)の対象となりますので、早めに土地改良区財務課までお問い合せ下さい。

各種変更届提出について(相続・売買・経営移譲など)

 組合員の皆様から当改良区へ資格得喪通知書を提出していただき、台帳を変更をします。公共機関(市・区役所、農業委員会、法務局等)及び農協等の手続きだけでは、土地改良区の組合員名簿及び土地原簿等は変更できません。届出のない場合は、そのまま現組合員に賦課されますのでご注意下さい。  

資格得喪通知書等の提出が必要な場合は次のとおりです
  ●所有権や耕作権の移動(売買、賃貸借、交換)
  ●相続または生前贈与等の名義変更
  ●農用地利用集積による契約及び、契約解除等
  ●農業者年金受給のための経営移譲等
  ●賦課金の振替口座関係の変更
  ●住所等の変更


 土地改良法第43条(組合員の資格得喪の通知義務)の規定により、資格喪失者と資格取得者が連名捺印をして、その都度土地改良区へ届けてください。

※注意!
  農地を売買・貸借や相続する場合、土地改良法第42条(権利義務の継承及び決済)の規定に基づき、新資格者が権利義務を継承することから、賦課金の未納や滞納金がある場合は、新組合員にそのまま引き継がれますのでご注意下さい。
ご不明な点がございましたら下記担当にお問い合せください。
担当:財務課 賦課係  TEL 025-372-1171 


農地転用決済等について

 農地を農地以外のものに転用する場合には、農地法第4条・5条により関係市農業委員会での手続きが必要となります。その際、申請地が白根郷土地改良区の受益地に含まれている場合には、白根郷土地改良区地区除外等処理規程に基づき、農地転用等の通知並びに地区除外の申請を土地改良区にして、意見書の交付を受けていただくことになります。  

 地区除外申請書等の提出が必要な場合は次のとおりです
   ●農地転用(宅地、駐車場など)した場合
   ●農地を公共事業用地(道路・公園・河川・建物等)として転用する場合
   ●農地間の地目変更(田を畑に、田を雑種地など)する場合


  なお、転用に伴い決済金の納入(土地改良法第42条2項)も義務付けられておりますので、「地区除外申請書・地目変更届」を土地改良区へ提出し、その転用面積に応じた決済金額を、納めてください。

※注意!
 公共用地(道路・河川・公園・学校用地等)として農地を売渡又は寄付した場合でも、転用決済金等が必要です。用地交渉時には事業主体と決済金等を含めての価格及び支払い方法等、充分に話し合われて後日問題のないようにお願いします。

水路、農道にゴミを捨てないで

 私たちの財産であり未来へ引き継ぐ大切な資源である農地・水路・農道等は、私たちの手で守っていかなければなりません。土地改良区では、農道や水路に投棄された空カン、空ビン、日用品等のゴミの処理に大変困っています。

 みんなで環境保全と住み良い地域社会の実現に努めましょう
   ●ゴミを捨てないでください
   ●刈った草は下流に流さないように工夫しましょう
   ●風で飛散するゴミは飛ばないように心がけましょう


臼井地内清掃活動1

H26不法投棄防止ポスター

白根排水機場ごみ

 これらのゴミについては、地域の方々のご協力によって処理していただいています。一人ひとりの心がけがゴミを減らすことになります。

子供を水の事故から守りましょう!!

 当改良区では、毎年4月中頃より農地に水を供給するため、信濃川・中ノ口川からの取水を開始します。そのため、用水路の水量はとても多くなっています。また、用水路や沈砂池は見た目以上に深さもあり、子供達が遊ぶ場所としては大変危険な場所です。     

 この時期は、特に子供達が水難事故に遭遇する確立が高くなります

水土里レンジャー02

水難事故防止ポスター

水土里レンジャー01

 揚水機場や水路で魚釣りや水遊びをすることは大変危険です。もし、危険なところで遊んでいる子供達を見かけたら、声をかけて注意してください。

ご不明な点がございましたら下記担当にお問い合せください。
担当:庶務課 管理係  TEL 025-372-1171 

次 の 事 項 に ご 注 意 く だ さ い
1.農地転用申請の届出と農地転用決済金の納付がない限り、土地改良区の土地原簿から賦課面積を削除できませんので、そのまま賦課金が掛かります。

2.休耕田、転作田や不耕作の田畑も賦課金の納入が必要です。また、4月1日以後に農地転用した土地も今年度賦課金の納入が必要です。

3.確定申告の際、農地転用決済金等が譲渡費用として控除されます。領収書を大切に保管しておき、所得税の確定申告を行うときに使用して下さい。
Copyright (C) 2005 Shironego Land Improvement District (R) All Rights Reserved.